引越しでヤマトとサカイを比較

引越しはヤマトとサカイはどっちがいい?

引越しは、ヤマトとサカイはどちらが良いのでしょうか?
そんな風に悩んでいるなら、とっておきのサイトをご紹介します。

 

電話番号なしで相見積もりできる便利なサイトです!
ヤマトとサカイを指定してメールで見積もりがもらえます。

 

リクルートのSUUMOだけは電話番号の入力が任意です。
営業の電話もないし、気楽に見積もり比較ができますよ。
他にないサービスなのでイチオシです。
↓↓↓

https://hikkoshi.suumo.jp/

 

ヤマトとサカイを選ぶ時に参考になる資料

平成28年のまでの過去6年のデータだと、サカイがどんどん売上を伸ばしているのがわかります。

 


(サカイ引越センターの公式サイトからデータをお借りしています)

 

売上高では、サカイ引越センターに軍配があがりましたが、今の時期に引っ越し見積もりして安くなるのはどっちなのでしょうか?

 

ヤマトとサカイが参加している引越し見積もりを使って比較するのがおすすめです。
先ほどのSUUMOもそのひとつです。

SUUMOはこちら

 

他にも特長がある引越し見積もりをご紹介すると、引越し価格ガイドなら、見積もり後すぐに相場がわかります。
ここを使うと、相場以下になるように交渉が可能です。その上で安い方をとれば、失敗がありません。

 

そして、「SUUMO」と、「引越価格ガイド」の中間のようなサービスがLIFULL引越し(旧 HOME’S)です。
LIFULL引越し(旧 HOME’S)は、電話番号入力は必要ですが、引越し業者は希望のところを選べます。赤帽など小さな引越し業者がいるというも強みです。

 


ヤマトとサカイの違い

ヤマト運輸の引越し(クロネコヤマトの引越し)と、サカイ引越センターを比較する時におさえたいポイントは

 

  • ヤマツ運輸 : 運輸会社がおおもとで引越しは関連会社
  • サカイ引越センター : 引っ越し専門業者

 

という違いです。個人的には、単身や家財のみの引っ越しなら、ヤマトを検討するのもありかなと思います。
ただし、単身でも荷物がある程度あるなら、値引き交渉しやすいサカイにメリットがでてくることが大いにあるので、手間なく2社に見積もりをとって比較するのをおすすめします。

 

の最安値はいくら?
相場以下で確実に安く引っ越しする

 

引越しで忘れがちな手続きについて

引越しというものは作業だけでも大変なものとなりますが、それにまつわる手続きも結構たくさんあります。
忘れないように素早く対応したいものです。

 

引越しの手続きで忘れやすいものには、まず銀行の住所変更というものがあります。

 

口座自体は変更していなくとも使えますが、最近よくある銀行の合併に伴う名称変更や、
銀行の破たん、支店が閉店になるなどといった場合などには別途手続きが必要となることがあります。

 

手続き上かえって面倒になることもあるのです。

 

そして保険会社の住所変更も忘れやすい引越し手続きといえます。
これもいざ保険金を受け取る事態になった時には面倒なことになります。

 

それから、電話会社の住所変更です。
特に市外通話などは忘れやすい引越し手続きといえます。

 

それから免許証の住所変更です。
身分証代わりにも重宝するものですから忘れずに行いたいものです。

 

最後に挙げるのは自転車の防犯登録の変更でしょうか。
これは意外と忘れがちですが引越し手続きとしては重要なことです。
所轄の警察署に相談してみましょう。

 

このように引越しでヤマトやサカイを使った後にも、まざまな手続きが必要となります。
できるだけ速やかに対応して新しい土地での快適な生活をスタートさせましょう。

の最安値を見積もりでお引っ越し!

引っ越しのサカイの料金を安くする見積もり方法