引越しの退去と手続き

引越し退去と正しい手続きの方法について

仕事の都合や家庭の事情などで引越しをするということは多いですよね。
賃貸から引越しをするのであれば、まずはこれまで住んでいた部屋を解約しなければなりません。

 

この部屋の解約には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。そこで今回は、引越しの際の退去手続きについてご紹介します。

 

退去の通知は早めに送っておく

引越し退去の手続きは、引越す旨を大家さんや管理会社に通達することから始まります。そこそこによっても多少の違いはありますが、たいていは書面で手続きをするのが一般的です。
場合によってはFAXでの送付も可能である事もあります。

 

退去となると家賃の日割計算がある場合とない場合があります。これは契約によるところですが、損することにないよう日にちに余裕を持って通知をしておくようにしましょう。1日遅れたばかりに、1か月分の家賃を払わなければならないこともありますよ。
出来れば、1ヶ月から2ヶ月くらい前に手続きするのがベストです。

 

契約書を確認しておく

部屋の解約方法は、入居時にもらった契約書などに記載されています。多少面倒ではありますが、解約時にはこの契約書をしっかり読んでおくようにしましょう。

 

もしも、契約書を失くしてしまった場合や、契約書に詳細が記載されていない場合には、契約を仲介した不動産会社などに解約の方法を直接問い合わせてみるようにすると良いでしょう。
事前にチェックしておけば退去手続きはスムーズに進みます。

 

立会い日を決める

引越し通知を済ませたら、退去立会いを行う日を決めます。立会いは、大家さんか管理会社と一緒に部屋の状況を確認します。

 

退去時には、入居時と同じ状況に部屋を戻すことが基本です。
でも、住んでいればどうしても劣化する部分がありますし、何かをぶつけて傷などをつけてしまうことがあるものです。

 

そんなことを双方立ち合いのもとで確認するワケです。
自然に劣化する部分は仕方ありませんが、ぶつけて作ってしまった傷などは住人が補修費用を支払うことになります。入居時にもらった契約書にも記載されているのが確認してみましょう。
最初に敷金を支払っているのであれば、補修費用を差し引いた額が一ヶ月程度経ってから返金されるのが一般的です。

 

引越し退去の手続きをするというのは少し面倒な事ですが、借りていた部屋への感謝の気持ちと、部屋を貸してくれた大家さんへの礼儀としてしっかりと行いましょう。
鍵の引渡しをもって、完全な退去とするところがお多いので、忘れずに立会の日程まで決めておきましょう。

の最安値を見積もりでお引っ越し!

引っ越しのサカイの料金を安くする見積もり方法