台所のお掃除

引越す時の台所のお掃除について

台所のお掃除はどのくらいやればいい?

 

台所は普段掃除をするのも大変な部分なので、年末に1度しかしないというお宅も多いのではないでしょうか。
でも、引越しの際には省くことはではません。

 

引越しの掃除は家全体をしなければならず、時間も労力も相当なものとなりますが、台所などは特によく磨きたいところの一つです。
そこで今回は、引越しの際の台所の掃除についてまとめてみました。ポイントを掴んでおけば、効率よくキレイにすることができますよ。

 

時間を無駄にしないで効率良くできる台所のお掃除の手順をまとめます。

 

換気扇は取り外す

ただでさえ忙しい引越し作業の中、換気扇などは省きたくもなりますが、ここは思い切って取り外してしまいましょう。取り外してシンクの中に浸け置きしておけば、そのあいだに他の引越し掃除をしておけますよ。

 

ついでにガス台の五徳なども一緒に入れてしまいます。やみくもにゴシゴシ擦るよりも、効率的に掃除が進みますよ。浸け置きしている間に他の掃除をしましょう。

 

レンジ周りはラップが活躍

壁など、レンジ周りに飛び散ってこびりついてしまった油の汚れはしつこくて困ってしまいますね。

 

ここには洗剤を水で薄めておいて霧吹きなどで吹き付けておきます。それからラップなどをぴったりかけてしばらく放っておけばいいのです。

 

このあいだにまた他の作業をできますね。軽くこすっただけできれいに油汚れは落ちてしまうでしょう。これでゴシゴシする労力が省けますね。

 

ステンレスの錆びにはクレンザー

換気扇を浸け置きしてレンジ周りをラップしている間に、ステンレスの錆びを落とします。
錆びついてしまったステンレスには、タワシにクレンザーを含ませたものでゴシゴシ擦りましょう。また、クリームタイプのクレンザーにお酢を少し混ぜたものでも錆びには効果的です。
何も付けないで擦るよりは、はるかに少ない労力で済みますよ。

 

そうこうしている内に、換気扇とレンジ周りの汚れが浮き上がっているはずです。軽く擦って乾かしましょう。

 

引っ越しの台所の掃除についてまとめ

引越し掃除の中でも食事を作る大切な台所ですから、これを機会にきっちり磨いておきましょう。
新居でもこのような引越し掃除を思い切って最初にしてしまえば、ぴかぴかの台所で気持ちよく食事の支度ができるというものです。

 

引越しともなると掃除は新居・旧居、両方の台所を一日でしなくてはならないことになりますから、このような漬け置き時間や放置時間を最初にして時間を有効に使いたいですね。

 

掃除用具は、最後に荷造りして最初に取りだすのがコツです。ラップやお酢も忘れずに用意しましょう。

の最安値を見積もりでお引っ越し!

引っ越しのサカイの料金を安くする見積もり方法